2010年01月12日

鳥取のHIV検体紛失事件 容器の一部発見(産経新聞)

 HIV(エイズウイルス)感染を調べる検体1人分が紛失した問題で、鳥取県は9日、検体を搬送した米子市の運送会社で容器の破片の一部が見つかったと発表した。見つかった破片は容器の約3分の1で、残りは不明のままという。

 県によると、運送会社から、清掃ごみ袋の中から破片を見つけたと連絡があり、県西部総合事務所福祉保健局の職員が紛失した検体容器の一部と確認した。

 同社の説明では、6日に仕分け作業する際、容器6本が入ったケースを床に落とし、うち1本を紛失した。容器は踏まれて破損したらしい。

 検体は、同局が5日に6人から採取。同社が湯梨浜町の県衛生環境研究所に運んだが、到着後に紛失が判明した。

【関連記事】
鳥取県のHIV検査で期限切れ試薬を使用
告発医師、中国エイズ禍「血液ビジネスの利権」
エイズ検査ピーク時の25% 新型インフル対応で手回らず
HIV女性救うヤギさん 紙人形作り「本物」アフリカに贈れ!
中国で子供に注射針使い回し、怒った親が警官と衝突

きくおのブログ
しげふみのブログ
ライブチャット
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
債務整理
posted by 7xdziwcuzo at 22:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太刀の銘文は卑弥呼統治の証か 魏志倭人伝の記述に符合(産経新聞)

 刀身に施された象眼が、純金だったことが判明した東大寺山古墳(奈良県天理市)出土の大刀(たち)。研究者は「女王卑弥呼が、黄金の文字が輝く大刀を誇示することで倭国統一を確かなものにしたのかもしれない」と推測し、調査成果に目を見張る。昭和36年の発見から半世紀近くたち、最新の科学の目は、1センチに満たない小さな文字に秘められた古代の日中関係を浮かび上がらせた。

  ■フォト 東大寺山古墳出土の太刀に銘文「中平」

 大刀は、銘文冒頭に記された「中平」の年号から、中国の後漢王朝が西暦184〜189年に作ったとの説が有力。中国の歴史書「魏志倭人伝」などによると、日本で170〜180年ごろ、「倭国大乱」があり、卑弥呼の擁立で戦乱が終結した時期とほぼ合致する。

 東大寺山古墳を発掘調査した金関恕(ひろし)・大阪府立弥生文化博物館長(考古学)は「女王になったばかりの卑弥呼が中国に使者を送り、金象眼大刀を譲り受けたのではないか」とみる。

 金関氏はさらに、景初3(239)年、中国の皇帝が卑弥呼の使者に対し「五尺の大刀二本、銅鏡百枚などを与える。持ち帰って汝(なんじ)の国中に示せ」と伝えたとする魏志倭人伝の記述に着目。東大寺山古墳の大刀の年号と半世紀ほどずれているものの、中国の権威の象徴であることは変わりないとし、「当時の倭国では相当の権力者でも本物の金を目にすることはなかったはず。中国の権威を帯びた金色の銘文の大刀をかざすことで、各地域の王を統治しようとしたのではないか」と推測する。

 また和田萃(あつむ)・京都教育大名誉教授(古代史)も「銘文が純金なのは、中国王朝が倭国を重視していた証しとも考えられる」と指摘。4世紀中ごろに築造された東大寺山古墳に副葬されていた点については「卑弥呼の時代以来、大和政権中枢に権力の象徴として保管されていたが、政権が安定し、中国の権威に頼らなくても統治できるようになったため、東大寺山古墳の被葬者に与えられたのではないか」と話す。

 東大寺山古墳には大量の武器が副葬されていたことから、武将の墓との説が有力。金象眼大刀の副葬について金関、和田両氏は、日本書紀などに将軍として登場し、この古墳一帯に拠点を置いたという大豪族・ワニ氏の武勲をたたえて与えられたとの見解で一致する。

 この大刀については、日本製との説もあるが、村上隆・京都国立博物館保存修理指導室長は「日本での純金製品の製造は、7世紀後半の飛鳥池遺跡(奈良県明日香村)で確認されている程度。3世紀は純金にするほどの精錬技術はなかったと考えられ、大刀は中国製の可能性が高まった」と述べた。

    ◇

 東大寺山古墳の大刀は6月6日まで、東京国立博物館で展示されている。

【関連記事】
邪馬台国の女王・卑弥呼どんな女帝ぶり
卑弥呼の宮殿、最古の旧石器… 古代史ロマンが次々と 09年発掘回顧
「国内最古」の堂ノ後古墳 掘ってみたら5世紀後半 奈良
【私も言いたい】纒向遺跡は邪馬台国か 「畿内説支持」は6割弱

w49hujwxのブログ
渋谷で働く花屋のブログ
現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
自己破産
posted by 7xdziwcuzo at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しらせが昭和基地接岸=予定より6日遅れ(時事通信)

 【昭和基地=南極観測隊同行記者】南極観測船「しらせ」が10日午後11時30分(日本時間11日午前5時30分)、昭和基地に接岸した。例年の約2倍の厚さの氷と積雪に進路を阻まれ、当初の予定より6日遅れでの到着。第51次南極観測隊の輸送、観測計画に影響が出るのは必至だ。
 昨年5月に完成したばかりのしらせにとって、初めての同基地接岸。船首に散水装置を備えるなど、世界トップクラスの砕氷能力を持つ同船だが、基地沖20キロの辺りから厚さ2〜3メートルの氷と1〜2メートルの積雪に苦戦した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕The Northern Lights オーロラの世界
南極観測隊、隕石4個発見=昭和基地から600キロ地点
ペンギンの群れが歓迎=しらせ、昭和基地沖に到着
南極・昭和基地で火災=廃棄物焼く、けが人なし
南極天文台開設へ現地調査=ドームふじ基地で筑波大講師

p74g23ugのブログ
ひろしのブログ
ライブチャット
携帯ホームページ
無料ホームページ
posted by 7xdziwcuzo at 09:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。