2010年02月09日

4億円不記載 「小沢氏の了承得た」石川容疑者が供述(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、元会計事務担当の衆院議員、石川知裕(ともひろ)容疑者(36)が東京地検特捜部の調べに対し、土地代金の原資4億円を政治資金収支報告書に記載しないことを小沢氏に相談し、了承を得ていたと供述していることが2日、関係者への取材で分かった。こうした状況から特捜部は小沢氏についても政治資金規正法違反(虚偽記載)に問えるか、詰めの捜査を進めており、3日にも最高検など上級庁と最終協議に臨む方針だ。

 特捜部の調べによると、石川容疑者は、陸山会が平成16年10月に東京都世田谷区の土地を購入した際、土地代金の原資4億円を収入として収支報告書に記載せず、土地代金約3億5千万円を支出として記載しなかった疑いが持たれている。

 関係者によると、石川容疑者は特捜部の調べに、収支報告書を提出する前、「4億円を記載しないことや、土地取得の登記を翌17年にずらすことを小沢先生に相談し、了承を得ていた」と供述。また、土地代金支払い後に受けた融資についても「4億円の原資を隠すための偽装工作だった」とし、「小沢先生の了承なしにできるわけがない」と供述したという。

 特捜部は石川容疑者の供述調書を作成しているとみられ、小沢氏の関与の程度を見極めた上で、上級庁と協議するとみられる。

 一方、水谷建設元幹部らが16年10月に国発注の胆沢(いさわ)ダム工事受注の謝礼として石川容疑者に5千万円を渡したと供述していることについて、石川容疑者は一貫して否認しているという。特捜部は土地代金の原資4億円の一部になったとみており、さらに石川容疑者を調べている。

 小沢氏は先月23日に特捜部の任意聴取を受けた後、「各団体ごとの収入支出などの概要について報告を受けることはあったが、収支報告書の内容を一つ一つ確認したことはありません」と説明し、虚偽記載への関与を否定していた。

 一方、特捜部は勾留(こうりゅう)期限の4日に規正法違反罪で、石川容疑者と元会計責任者の公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)を起訴する方向で検討。後任の会計事務担当で元私設秘書、池田光智容疑者(32)については関与の度合いを見極めて刑事処分を決めるとみられる。

 関係者によると、大久保容疑者は16年と19年の収支報告書の虚偽記載について関与を大筋で認めたという。ただ、小沢氏の関与は否定している。

 石川、池田両容疑者は自身の容疑を認めている。

【関連記事】
小沢氏関与の程度は? 上級庁と最終協議へ
小沢氏起訴なら議員辞職勧告決議案提出も 自民、大島氏
不安か自信か…小沢氏「進退」言及のワケ
民主七奉行の小沢氏批判 声上げた途端に…
小沢氏関連団体、資金洗浄か 迂回で1千万円、陸山会へ

「プリウス」ブレーキに苦情=日米で112件−国交省、トヨタに調査指示(時事通信)
「検察官役」弁護士を指定=全国初の起訴議決で−明石歩道橋事故・神戸地裁(時事通信)
千葉のショッピングセンター駐車場で車ごと強盗(産経新聞)
禁煙地区で喫煙、試験で不正→市職員2人処分(読売新聞)
関テレ社員、プロ野球選手住所入りメモリー紛失(読売新聞)
posted by 7xdziwcuzo at 15:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

小沢氏追及方針変えず=自民(時事通信)

 自民党の浜田靖一国対筆頭副委員長は4日午前の記者会見で、資金管理団体の政治資金規正法違反事件で不起訴処分となる見通しの小沢一郎民主党幹事長について、「疑惑はずっと残るわけで、検察がどのような判断をしようが、そこに疑惑があるならば、ただしていく。国会の中でただすべきところはただす」と述べ、国会で追及していく方針に変わりのないことを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<鳩山首相>「心からおわび」小沢氏問題で初陳謝(毎日新聞)
<新生児遺体遺棄>スーパーの女性用トイレに 福岡(毎日新聞)
<ニュース1週間>朝青龍が暴行問題で引退/小沢氏不起訴、石川議員ら3人は起訴(毎日新聞)
秋葉原殺傷第3回公判 証人を遮蔽、けがの状況生々しく(産経新聞)
石川民主党衆院議員に対する議員辞職勧告決議案全文(産経新聞)
posted by 7xdziwcuzo at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

<タクシー>乗務距離制限の取り消し求め提訴 近畿の5業者(毎日新聞)

 国土交通省近畿運輸局が、1日に走行できるタクシーの距離を上限250キロに定めたのは不当として、大阪府内で初乗り(2キロ)500円のタクシーを運行する5業者が3日、国に制限の取り消しを求める訴えを大阪地裁に起こした。「著しく不合理。営業活動が制限される」と主張している。

 近畿運輸局は1月から、大阪市や神戸市、京都市などで毎日乗務するタクシー運転手に対し、1日の最長乗務距離を全国最短の250キロに設定した。タクシーの事故増加が目立つためで、「過剰労働を防ぎ、利用者や運転手の安全を確保する措置」と説明している。違反すると車両の使用停止など行政処分の対象になる。

 また、訴状によると、近畿の基準は全国で唯一、制限走行距離に高速道路走行分(50キロまで)を含めている。業者側は「他地域に比べても不利益を受けている」としている。

 近畿運輸局は「訴状を見ておらずコメントできない」としている。【鳴海崇】

妻に灯油掛け放火=殺人未遂容疑で夫逮捕−茨城県警(時事通信)
<お別れの会>酒井次吉郎さん=22日、静岡市のホテル(毎日新聞)
<時効廃止>中井国家公安委員長 支持する意向を表明(毎日新聞)
<JR京浜東北線>男性はねられ重体 ダイヤ乱れ3万人影響(毎日新聞)
<自民>参院選の公認候補2人を発表(毎日新聞)
posted by 7xdziwcuzo at 14:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。