2010年01月07日

文芸評論家の遠丸立氏が死去(産経新聞)

 文芸評論家、詩人の遠丸立(とおまる・りゅう、本名・進隆=すすむ・たかし)氏が12月30日、心筋梗塞のため川崎市の病院で死去した。83歳。福岡県出身。葬儀は近親者で済ませた。自宅は東京都調布市入間町2の1の33。喪主は妻で詩人の貞松瑩子(さだまつ・えいこ、本名・進瑩子)さん。

 東大経済学部卒、明大院文学研究科修了。著書に「吉本隆明論」「記憶と空間」など。

【関連記事】
元日本言語学会会長、小泉保氏が死去 83歳
短歌、映画評論の冨士田元彦氏が死去
小説「つらつら椿」作者、志賀葉子さん死去
建築評論家、宮内嘉久氏が死去
平山郁夫氏死去 遺跡、人、砂漠…触れ合い続け

g9nr6mxsのブログ
お買い得情報
アフィリエイト ホームページ
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
posted by 7xdziwcuzo at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。