2010年01月18日

パロマCO中毒判決は5月11日 元社長ら改めて無罪主張し結審(産経新聞)

 パロマ工業製ガス湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、東京都港区の大学生、上嶋浩幸さん=当時(18)=らを死傷させたとして、業務上過失致死傷罪に問われた同社元社長、小林敏宏被告(72)と元品質管理部長、鎌塚渉被告(59)の公判が18日、東京地裁(半田靖史裁判長)で開かれた。弁護側は「事故が起きることは予見できなかった」などと改めて無罪を主張し結審した。判決は5月11日。

 検察側は小林被告に禁固2年、鎌塚被告に禁固1年6月を求刑している。

 起訴状によると、小林被告らは昭和60年〜平成13年までに同社製品の不正改造による中毒事故が相次いだのを把握しながら対策を怠ったため、17年11月、自宅マンションで同社製湯沸かし器を使用した上嶋さんをCO中毒死させ、兄に重傷を負わせたとされる。

【関連記事】
パロマ元社長に禁固2年求刑 CO中毒死公判
パロマ社長が遺族と面会 湯沸かし器事故の発覚から3年
パロマガス事故 同族の悪弊、遺族が風穴
【イチから分かる】消費者庁 トラブル解決の「司令塔」
消費者庁誕生へ トラブル解決の“司令塔”

嫡出子認定、民主に要望=性同一性障害者団体(時事通信)
民主党大会会場周辺でデモ「小沢氏は政界追放」(産経新聞)
「笑い取る仕事してるのに…」 メッセ・黒田さん謝罪 (産経新聞)
小沢幹事長に「辞職しろ」、若い男詰め寄り拘束(読売新聞)
阪神大震災後の啓発、防災意識底上げ 産経・群馬大が調査(産経新聞)
posted by 7xdziwcuzo at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。